今年はうるう年‼

今年の2月は平年より一日多い29日まで!

 

ところで、皆さんはどの年がうるう年になるかご存知でしょうか?

現在、日本ではグレゴリオ暦法が採用されています。

グレゴリオ暦法ではうるう年を以下のように決めています。

① 西暦年数が4で割り切れる年をうるう年とする

② ①の例外として、西暦年号が100で割り切れて400で割り切れない年は平年とする。

例えば…西暦2004年、2008年、2012年は①に当てはまりますので、うるう年です。

また、西暦2100年、2200年、2300年は②に当てはまりますので、平年となります。

さらに、西暦2000年、2400年は、100でも割り切れますが400でも割り切れてしまいますので、

②には当てはまらず、①のとおりにうるう年となります。

 

では、なぜうるう年があるのか?

それは、地球の公転周期365.24219日の小数点以下のズレを修正するためです。

先ほどのルール①で4年に1日増やすことで小数点のズレをある程度調整できます。

それでも調整しきれなかった小数点をルール②で補っています。

しかし、グレゴリオ暦の1年と実際の1年は間には約0.00031日程度のズレがあり、

数千年程度で1日のズレが生じます。

そのとき、どのように修正するかはまだ決まっていないそうです。

 

まとめ

 ●西暦年数が4で割り切れる年をうるう年とする

   例外として、西暦年号が100で割り切れて400で割り切れない年は平年とする。

 ●地球の公転周期365.24219日の小数点以下のズレを修正するため。

 

当分の間4年に一度のうるう年。

皆さんはどのようにして過ごしますか?